どうも、たかしです。

小屋暮らし予定の土地に付随してきた空き家の整備を進めていくシリーズ、今回はその第21回になります。

前回これまで後回しにしてきた「居間」片づけをしたところ、タンスや衣装ケースから大量の衣類が出てきました。

片付け後のリビング
45Lの袋9つ分もの、比較的状態の良い衣類が出てきた。

今回はこの大量の衣類をリサイクルショップに持ち込んで行くのですが、ただ買い取ってもらうだけでは面白くありません。

なので今回は2つのリサイクルショップ「セカンドストリート」と「買取王国」に全く同じものを持っていき、それぞれの査定結果がどうなったのかをお伝えしていきたいと思います。

それぞれのリサイクルショップにはどのような特徴があるのか? そして何より、より高く買取をしてくれるのはどちらなのか!? 徹底比較していきます。

それではやっていきましょう。

シリーズ記事

【土地整備】空き家の整備 ①:納戸の片づけBefore・After

【土地整備】空き家の整備 ②:納戸を片付けて出てきた物を売ってみたら○○円になった

【土地整備】空き家の整備 ③:寝室の片づけBefore・After

【土地整備】空き家の整備 ④:空き家から出てきた衣服を売ったら○○円になった

【土地整備・検証】空き家の整備 ⑤:寝室から出てきた雑貨を売ったら○○円になった

【土地整備】空き家の整備 ⑥:キッチンの片づけ(前半)

【土地整備・検証】空き家の整備 ⑦:オフハウスの店舗間の格差がとんでもなかった話

【土地整備・検証】空き家の整備 ⑧:キッチン(後半)+風呂場の片づけ+とんでもない事態発生

【土地整備・検証】空き家の整備 ⑨:オフハウスの店員間の格差がとんでもなかった話

【土地整備・検証】空き家の整備 ⑩:空き家の使えそうな家具を売ったら○○円になった

【土地整備】空き家の整備 ⑪:空き家から出た粗大ごみを解体する……座椅子・布団編

【土地整備】空き家の整備 ⑫:空き家から出た粗大ごみを解体する……ソファベッド編

【土地整備】空き家の整備 ⑬:空き家から出た粗大ごみを解体する……棚・クローゼット編

【土地整備】空き家の整備 ⑭:空き家から出た粗大ごみを解体する……こたつ・食器棚・竹カーペット編

【土地整備】空き家の整備 ⑮:空き家の蛇口を修理する……蛇口の先からの水漏れの場合

【土地整備】空き家の整備 ⑯:空き家から出たタイヤをどうしたら安く処分できるか考える

【土地整備】空き家の整備 ⑰:空き家から出た廃タイヤのホイールを自分で取り外してみる

【土地整備・検証】空き家の整備 ⑱:廃タイヤ・ホイール処分&売却したら差し引き〇〇円になった

【土地整備】空き家の整備 ⑲:空き家の蛇口を修理する……蛇口の継ぎ目からの水漏れの場合

【土地整備】空き家の整備 ⑳:居間の片づけBefore・After(前回)

【土地整備・検証】 ㉑:ガチンコ買取比較!セカンドストリートvs買取王国(衝撃のラスト)←今ここ

①持ち込む衣類紹介

いきなり査定結果に映る前に、まず今回どのような衣類をどれだけ持ち込んだのかをご紹介しておきます。

1.シャツ・ジャケット・セーターなど

こちらはトップスをざっくりとまとめてあります。全部でなんと90着以上あります。

男性用がほとんどですが、少量女性用や子供用の物もありました。

2.ズボン・スカートなど

ジャージ・スカート・デニム・スラックス・スウェットなど様々なボトムスです。トップスと比べて数は少なく、全部で30着ほどしかありませんでした。

3.フォーマル類

こちらはスーツ関係の衣類になります。喪服関連が多く、女性もののフォーマル服もありました。

4.作業着

こちらは居間の横にあった倉庫のようなところから出てきた作業着です。上下セットが何組かあり、そのほとんどが新品でした。

会社の支給品だったのか、胸元に会社名が載ってしまっていたので値段は付けてもらえないかもしれませんが、買取王国では重量での買取をしてくれていますのでそのかさ増しように入れておきました。

5.昔の寝間着

こちらも倉庫から出てきた、昔気質な寝間着です。正直値段が付くとは思えませんが、上記の作業着と同じく重量買取目当てでとりあえず入れておきました。

6その他

ネクタイやニット帽など、ちょっとした小物類もいくつかありましたのでこちらも持ち込んでみました。

以上、大体200点以上の衣類を携えて、いよいよリサイクルショップ2店に突撃します!

目標額として、せめて1000円は超えたいところです。

①買取王国の査定結果

1.店舗の特徴紹介

まず1件目は、自宅からは少し離れた買取王国の店舗へ持ち込みました。

買取王国HP:https://www.okoku.jp/inc/shop/detail104 

これまで僕は、買取王国の「重量買取」目当てにいつも最後に訪れる店舗としてのみ買取王国に持ち込みをしてきていました。そのため、買取王国に最初に持ち込んだ場合、「重量買取」以外の正規の買取にどの程度の値段をつけてくれるのかが気になり、今回初めて一番最初に買取王国に持ち込むことにしました。

※重量買取とは?

買取王国独自の買取システム。取り扱いのある品目でさえあれば、どれだけ状態の悪い物でもまとめて「1kg=5円」で買い取ってくれる。

しかも、この時はアプリ会員限定クーポンとして、「20着まで1点10円買取保証クーポン」が配布されていました。

こちらのクーポンを提示すると、本来であれば重量買取に回されるような状態の悪い衣服でも、20点までなら1点10円での買取をしてもらえるという非常にありがたいクーポンです。つまり、実質の買取額200円アップということになりますね。

他にも会員クーポンには「買取額10%アップ」などの物もあり、どのクーポンを使ったら一番得になるのかは査定後に店員さんが判断して反映させてくれるという何とも親切なサービスになっていました。

これは期待が持てそうです。

2.査定結果

さあ、開店一番で持ち込んで、40分ほどの査定時間の後に出た査定額の結果は……!?

300円……? ていうか、値段の付いた物がまさかの0……?

これは、正直がっかりでした。流石に1点も正式に値段が付くものが無いなんてことは無いと思ったので、若干不信感が湧いてしまいますね……。

普段だったら一番最後に、どこのリサイクルショップでも買い取ってもらえなかった品を買取王国に持ち込むので、全ての商品が重量買取対象でも何とも思わなかったのですが、一番最初に持ち込んでこれは「在り得ない」ですね。

果たしてこの買取王国の査定が順当なものなのかどうか……一旦ここでの買取はキャンセルして、次の店舗に向かうことにしました。

②セカンドストリートの買取結果

1.店舗の特徴紹介

2店舗目には、自宅から最寄りのセカンドストリートに向かいました。

セカンドストリートHP:https://www.2ndstreet.jp/shop/details?shopsId=31378

セカンドストリートは全国展開に加え海外にまで店舗を構えている、超大手のリサイクルショップです。

その特徴として、僕がこれまで持ち込んできた感覚としては、衣服類を中心に基本的に状態の良い物を買い取る傾向があり、雑多な品を持ち込んでもそのほとんどが買取拒否or超安値での買取となることが多いです。

惨憺たるセカスト買取の歴史……

それでも、以前セカンドストリートに衣類を大量に持ち込んだ際には、一部のみの買取ではあったもののそれなりの値段で買い取ってもらったことがあります。

衣服であれば、それなりの値段をつけてくれたこともあった

ただまあ、不安要素としては衣服をまともに買い取ってくれた時のセカンドストリートは、安値買取を頻発しまくっているセカンドストリートとは別店舗ということがあるんですけれども……。

それでもセカンドストリートはセカンドストリート。衣服であればきちんとした値段で買い取ってくれるはずです!

2.査定結果

買取王国で300円の査定結果を突きつけられた衣服を全てそのままセカンドストリートに査定してもらいました。

査定時間はなんと1時間半以上かかりました。これだけ丁寧に見てくれたのならば、それはもうきちんとした買取結果を提示してくれるはずです!

さあ、果たして結果は……!!

え”え”ぇ”ー!?

いやいやいや、流石に心のマ〇オさんが出ちゃいますよ! 何ですかこれは!?

あれだけ査定時間をかけて人を待たせておいて、買取対象がたったの2点!? しかも20円買取!!?

買取となった2点

これはもう人を舐めてるとしか言いようがないですね。

買取王国と違って、セカンドストリートは買取でない物は全て持ち帰りとなりますから、この2点以外は全て返却されました。

何なら全部引き取ってしまっても良かったのですが……まあ買い取ってもらえないよりはましですから、この2点だけはこのセカンドストリートで買い取ってもらうことにしました。

これが後に後悔を呼ぶことになろうとは……

③セカンドストリート2店舗目へ……結果

流石にこの結果には不服だった僕は、続けて別店舗の、以前高価買取をしてもらった時のセカンドストリートへ持ち込むことにしました。

これまでの持ち込み経験から、同じチェーン店でも店舗ごとによって買取の査定基準が結構違うことがあることは分かっていたので、同じセカンドストリートでも買取実績のあるこちらの店舗であればきちんとした値段を出してくれると思ったからです。

さて、提示された査定予定時間はなんと驚きの2時間!! どうやら他の買取査定が立て込んでいるようです。

流石にいったん帰宅し、店側からの電話を待って、連絡があったので再び来店して査定結果を提示してもらいました。

さあ、3度目の正直です。その査定結果は……!!

お、お、おおお!!? 265円!

やはりと言うべきか、最寄りのセカストとは全く異なる査定結果が出てきましたね。20点以上の品にきちんと買取値段が付きました。

正直当初の目標額1000円には遠く及ばない額なので、あまり納得できる結果ではないのですが、20円よりは遥かにマシであることは間違いありません。

④まとめ

結局、買取額としてはセカンドストリートも買取王国も大きな値段の違いはありませんでした。

今回持ち込んだ品が雑多過ぎたのか、45L袋9つも持ち込んで300円以下の買取額でしかないのはかなりガッカリでしたが……前回衣服を持ち込んだ時より自信あったんですけどね。

ただ、買取額として大きな違いはありませんでしたが、その査定の過程には大きな差がありました。

買取王国の査定では、全ての品にきちんとした値段が付くことは無く、あくまで「20店点まで1点10円キャンペーン」+「重量買取」としての買取額だったのに対し、セカンドストリートでは「一部の品にきちんと値段をつけて」の買取額でした。

どちらの買取方式の方がより優れているのかは、やはり衣服を持ち込みたい方の状況によると思います。

買取王国の方が有象無象の品でも買い取ってくれるのに対し、セカンドストリートはきちんと値段を付けて買い取る品以外の物は全て返却となりますから、持ち込む衣服をどうしたいのかによって店舗を選択、もしくは併用して利用するといいのではないかと感じました。

⑤衝撃のラスト

という訳で、セカンドストリートから買取拒否された大量の衣服をもって、最後に冒頭の店舗とはまた違う最寄りの買取王国に向かいました。

目的はもちろん「重量買取」です。これだけの衣服があっても邪魔にしかなりませんから、処分がてら買取王国に安くでもいいので買い取ってもらう魂胆です。

また「20点まで1点10円買取保証クーポン」もまだ使用していませんでしたので、こちらを利用すれば先ほどの店舗のように300円近くで買い取ってくれるはずです。セカンドストリートの買取額と合わせれば500円以上の売り上げをゲットということになりますね。

当初の目標額1000円にはそれでも及びませんが、今回はもう仕方が無いと諦めの境地で持ち込みました。

そして提示された査定額は……

んんんんんんんんんッッ!!!?? 

どゆこと!!?

なんと買取額2422円!! もはや「1点10円クーポン」ではなく「10%アップクーポン」の方がお得なってしまっている衝撃の事態です。

流石に動揺が抑えきれず、たまらず買取対応してくれたお兄さん店員に「この品、他店だと碌に買い取ってもらえなかった奴なんですけど……」と聞いてみました。すると……

「あー、それは絶対ちゃんと見れてないっすね。服は古い物にこそ価値があるんですよ」と一言。

かかか、カッコイイ……惚れちゃいそう。

皆さん、マジで服を売る時には色々なお店を回った方が良いです。店舗によってあまりに買取基準が異なるようですので。

ていうか、最初から全部ここの買取王国に持ってきてりゃ絶対もっと儲かってただろ……

他の店に売らなきゃよかったですね。ああ、後悔。

ということで今回の記事は終わりです。

また次回の記事でお会いしましょう。ここまでお読みいただきありがとうございました。